検索
  • u-Beauty

【エステサロンオーナー/経営者必見】経営コストを変えずに施術メニューを一新するには?

人は皆、新鮮さを追い求める心理があります。なので、単一のメニューを長期展開しているエステサロンは徐々に魅力が失われてしまいます。


しかし、メニューを更新する際、それに関連する一連の商品や施術用セットなども新たに導入しなければならないためコストが増えてしまいます。


では、どうのようにすればコストを変えることなくメニューを一新できるのでしょうか?


1. 施術メニューの形式を変える

通常メニューを保ったままメニューを一新したいと考えた時、メニューの形式を変えてみましょう。施術に用いる機器を採用したり追加サービスの提供を試みるといいかもしれません。これと同時に、販売する商品を含め、店内を真新しい環境にしてみましょう。そうすれば、良い意味で伝統を打破することができます。


フェイスケア、頸部ケア、ボディケアなどは一般的にどこのエステサロンにもある所謂通常メニューです。エステサロンの多くはこの通常メニューに変化を持たせません。なので、長期的に通っている常連のお客様中には、来店当初からずっと変化のないメニューに飽きてくる方もいるはずです。


もし、エステサロンで同じ価格帯の新メニューを打ち出せばお客様は新鮮な気分になります。適宜メニューを新しくすることで、お客様に新鮮さを感じていただき、単一メニューに飽きてしまったお客様の流出も防ぐことができます。


そのため、エステサロンは適当な時期にメニューを一新することによって、顧客を飽きさせることなく常に新しい体験を提供する事ができます。人間の「新しいもの好き」という心理を満たせば、常連のお客様をさらに安定させることができるはずです。


2. 施術技術の底上げを図る

メニューの一新はメニューの名称や形式を変えることだけでなく、スタッフの施術技術を向上していく必要があります。エステサロンでは技術がなくして商売は成立しません。なので、専門技術や知識を継続的に改善、向上に努めなければなりません。


まず、施術スタッフは通常メニューの施術法に精通していなければなりません。それから、一連の施術手法の中でどれが最も重要で心地よ鋳物なのか、どの手法が補助作用に当たるのかを全て理解していなければなりません。さらに、スタッフはお客様の要望に全面的に沿えるよう常に新しい技術を自ら研究し磨き続ける必要があります。

単一メニューを長く続けてしまえば、通常メニューの価格を引き上げることができないだけでなく、価格競争によってどんどん価格が下がっていってしまいます。


メニューを新しくしたいと思った時、従来のメニューをそっくり変えるというよりも、メニューの形式を一新してお客様に展開してみましょう。そうすれば、経営コストを引き上げることなく、エステサロンにも一定の利益を見込めます。さらに、お客様も「アップグレードした」施術を体験できたと喜んで頂けるはずです。




u-Beauty無料体験実施中!ウェブサイトはこちら↓↓



10回の閲覧0件のコメント