検索
  • u-Beauty

【美容サロン店長必見】プロの店長に必須の7大素養

スタッフは頼れる店長に対して強い憧れを抱くものですが、どうしたらそのような店長になれるのかはあまり分かっていないようです。今日はプロフェッショナルな店長になるために必ず身につけておくべき素養を7つご紹介します。


1. 慎重に行動する

  • 軽々しく自分の情緒を露呈しない

  • 人に身の上の不遇や苦労話をしない

  • 人に意見を求める前に先に自分で考えるが、それを口には出してはならない

  • 機会があるごとに不満や愚痴を言わない

  • 重要な決定はできるだけ他人と相談の上、その1日後に発表する

  • 話す時、歩く時は慌てず落ち着いて

  • 自信があることは良いことだが、他人の考え方や意見もおざなりにしてはならない

  • 人に上下はないことを理解し、片時も礼儀を忘れてはならない


2. 細やかな気遣いができる

  • 身の回りの物事に対し、常にそれらの因果関係を考える

  • 満足問題解決に至らない場合、根本的な原因を突き止める

  • 慣れ親しんだ物事に対しては常に改善改新を心がける

  • 何をするにもきちんと秩序立てる習慣を身につけなければならない

  • 他人の目が行き届かないミスや悪習慣を常に見つけることができなければならない

  • 常に自分の足りないところを自覚し改善していかなければならない


3. 度胸と見識を持ち合わせる

  • 自信がないいと思わせるような言葉を使うことは避けるようにする

  • すでに言ったこと、決定事項は安易に撤回してはならない

  • 意見が飛び交う中でも自身はブレないようにする

  • 全体の雰囲気が低落している時でも明るく、ポジティブに振る舞う

  • 常いに誰かが見ているので、何事に対しても一生懸命取り組む

  • 物事がスムーズに進まない時は、息抜きをしてから新たに突破口を探す


4. 寛容な心を持つ

  • 仲間をライバルに変えてしまうような行動は慎むようにする

  • 他人の小さなミスや過ちは気にしない

  • ケチであってはならない

  • 傲慢にならず知識の偏見を持ってはならない

  • どんな成果、功績も他人と分かち合うようにする


5. 信頼を大切に

  • できないものはできるとは言わない、言ったからには何があってもやり遂げる

  • 無意味な目標やスローガンは口にしない

  • “汚い”やり方はご法度

  • こざかしく振る舞ると身を滅びしかねない


6. 責任が取れる

  • どんなミスでも反省する時はまず自分または身内から

  • 一つの事が終わったらその都度悪かった点と良かった点を列挙する

  • 計画は常に起こりうる状況を推定しながら未来を画策を行うようにする

  • 失敗による損失があっても果敢に責任を取る


7. 人としての教養を身につける

  • 様々な分野の知識を学び、謙虚に周りの物事を観察する

  • 自分を理解し、自身の美的センスを樹立する

  • ポジティブで健康的な生活を確立する

  • 何事も目標なしに進めてはいけない

  • 内面の美しさだけでなく、外見の美しさも重要視しなければならない

  • パソコン等の娯楽に浸りっぱなしはやめる

  • 理性的な判断と感情のコントロールを身につける


以上のこと全部やるのは中々至難の技ですが、それらを目標として捉え、達成するように努力することは誰でも出来るはずです。


店長はチームのリーダーです。店長にとってもちろん業績や売上は重要ですが、闇雲にそれを追っても向上はしません。正しい方法で正しい方向にチームを導き、正しいリーダーのあり方をチーム一同に示すことによって業績も自然とついて来るようになるのです。




u-Beauty無料体験実施中!ウェブサイトはこちら↓↓


0回の閲覧0件のコメント