検索
  • u-Beauty

【美容サロン店長必見】店舗売り上げ最大化 − 店長としてすることしないこと

店長は店舗運営上の肝であり、スタッフ直属の上司です。そのため、最も重要な責任の一つとして上からの指示を下へ伝えるという役割を持っています。以下に記す8つの「するべきこと」と4つの「してはいけないこと」を店長としてしっかりできているかチェックしてみましょう。この計12点ができていれば店舗運営がスムーズになり、店舗の業績最大化を実現できるはずです。


店長として「するべきこと」

1. 自分の役割を明らかにする

店長は店舗の中心人物として、次の役割を担います。

  • 売上向上の責任者

  • 店の業務の管理者

  • 企業文化と制度の執行者及び伝達者

といった自分の職責の所在を理解しなければいけません。


2. 問題の発見と解決ができる

問題がどこから発生したかを分析し、それをきちんと解決する − これは店長となるための最も重要な素質の一つです。オーナーや経営者が必要としているのはただ単に問題を見つけることができる店長ではなく、問題を見つた上で効率的に解決できる店長なのです。


3. 何事もあと延ばしにしない

問題やトラブルの中には問題と呼べるほどでもない小さいものもありますよね。こういったことに対して店長は必ずしもそれらが解決出来る能力を有する必要はありません。しかし、それよりも重要なのは、後延ばしには絶対しないという態度であり、最短時間内で効率良く捌けるかということです。物事の解決効率は物事の解決能力よりも重要だからです。


4. 正しい管理知識きを身につける

優秀な店長は必ず基本的な管理知識を持っています。どのように管理者としての素養を身につけるのでしょうか?例えば、関連書物を読む、セミナーに参加するなど様々な方法があります。正しい知識を身につけることで、効率良くスタッフ管理や売上拡大といった現実的な問題の解決を効率化することができます。


5. スタッフの教育研修を行う

スタッフのワークパフォーマンスを向上させるため、決められたスパン内の営業額と営業レベルの教育を店長っ自らスタッフに施さなければなりません。同時に店長自身が研修の進め方をある程度を理解しておくことで、スタッフに対して正確な販売理念を伝授することができます。優秀言われる店長は、スタッフ研修も卒なく行う事ができます。


6. 販売研修を行う

店長たるもの、もちろん販売技術におも精通しており、実際、販売経験も豊富でなければなりません。もし、店長はスタッフの模範でもあるため、その店長の販売技術がもし杜撰であったら、自分の自信とスタッフからの信頼を失ってしまうことになります。店長が販売術スタッフに伝授できるかどうかは相当なキーポイントになります。直接店舗売り上げに影響するだけでなく、スタッフのモチベーションも影響するからです。


7. 物事の決定力と執行能力がある

店長は店舗の総責任者です。何かあった時の決定力や執行能力はお店の生存を左右します。スタッフ間トラブルを正しく公平に処理したり、正確な業績評価行うなどの様々な状況で必要となってきます。全体を見る事ができる目でスタッフの性格特性に基づいた作業配分や指導、さらには激励を行います。突発的な事件に対しても機敏で冷静な処理ができる力を店長は、必ず身につけなければなりません。


8. 「おもてなし」の理念を伝授する

美容業界は似たようなサービスが多く競争が激しいため、態度が悪ければ直接業績の低下を招いてしまいます。品質はもちろん、それ以外のところで、店長はしっかりと自店のおもてなし理念をきちんと伝授しなければなりません。強いてはその理念があらゆる店舗のサービス水準を牽引できるレベルでなくてはなりません。現在、最も重要なのは革新的なサービスです。サービスに斬新さがなければそのサービスはもうサービスとは言えなくなってきています。



店長として「してはならないこと」

1. 責任逃れ

責任を負わなければならなくなった状況に直面した時、店長の役職としての責任感と会社に対する忠誠度が最も現れます。その時は、店長として潔く責任を取りましょう。そうすることによってこそ冷静に自分の不足を再度認識でき、改善しることで管理能力を強化することができるのです。


2. 独断専行

成功している店長は頑なな態度を取るべきだと認識しがちですが、実際のところは、頑固出なければならない時と柔軟性を持たせなければならない場合と使い分けています。原則的な問題に関しては頑固であるべきです。しかし、普段の仕事の中では傲慢であったり、独断専行するような事があってはいけません。


「パワハラ」はもってのほかです。日頃からスタッフと意思疎通や交流をし、一人一人をよく理解できるように努力してください。そうすれば、スタッフ一人一人と良好な関係を築き、信頼を得やすくなるだけでなくお店全体の雰囲気もよくなります。


3. スタッフを褒めない

スタッフの努力を褒めないことは悪いことです。惜しみなく褒めてあげましょう。特に、貢献した人には相応な目に見える形で褒賞を与えるようにしましょう。褒めることはスタッフに自信を与え、仕事に対するモチベーションをあげることに繋がります。良いモチベーションを保ってあげることで、ワークパフォーマンスを向上でき、店舗売り上げにも良い方に影響を与える事ができるのです。


4. 物事を軽視する

店長が管理しなければならないことは極めて多く、煩わしいです。日々小さいことから大きなことまで様々なことに目配せ、気配せしなければなりません。小さなことは、日常的な細かい事などの管理を指し、大きなことは、企業精神やスタッフの素質の管理を指します。会社の名声やお店の名声を落とさなようにするためにも、何事も軽視してはいけません。仕事の大小に関係なく、どんな仕事でも真面目に取り組みましょう。




u-Beauty無料体験実施中!ウェブサイトはこちら↓↓


0回の閲覧0件のコメント