検索
  • u-Beauty

【美容サロン店店長必見】理想のチームの育て方 − 店長が取るべきリーダーシップの極意

店長は言い換えると戦場の軍事顧問とです。勝利を収めるには適切な指揮と策略を練る能力が必要不可欠です。そのため、このような大きな役割を担うことのできる店長はチーム力構築において重要な役割を果たしていると言えます。


Ubeautyは店長になるためにはこれらのことを必ず学ぶ必要があると考えております。なので、本日は店長として備わっているべきリーダーシップスキルについて述べて行きます。



1. 人間性を重んじる

事業を始動させる前に人間性を作り上げる必要がります。どんなに輝かしい業績も人が作り出したものです。従って、人間性を重要視することは優秀な店長になるための必要不可欠な基本的な条件です。優れた店長はチームの一人一人のことを重んじ、彼らの仕事と生活のニーズを重視し、彼らのキャリアの実現のためにも優れた外部環境を創ることが必要であることを理解しましょう。一方で、スタッフをお金稼ぎの道具としか捉えていない店長は、一番長期的な策略に欠けた店長であることを事実が証明しています。


2. チームの調整力

スタッフに尊敬され、愛される店長になりたいのであれば、必ず正確な指導方法を学ぶ必要があります。店長は正しい指導法を身につけることによって、調和の取れたチームを作り上げることができるようになるのです。これはチームの団結力と仕事の目標実現のために必要不可欠な基本的要素であり、店長が備えるべき能力でもあります。


3. コントロール能力

管理者になりたいと多くの人が思っていますが、誰しも管理者としての能力が備わっているわけではありません。そのため能力の高さによって目標達成までの道のりが短くなったり、長くなったりします。店長になれるのか、またはどのくらい店長としての任期を全うできるのかは管理者のコントロール能力のレベルで別れていきます。つまり、お店のスタッフチームですらコントロールできないのならば、自ずと店長としての基本的な素質も備わっていないということになります。


4. 民主的な決断力

絶対的な権力は必ず腐敗していきます。常に自己の権力を享受することに固執し、最終決定権を持とうとする人はチームを引っ張ってルールを作る上では受け入れられません。それどころか、腐敗の絶対的な温床になります。従って、スタッフ一人一人の意見を聞き入れて選択、決断することで民主的決定を実践できる人だけが、店長になるための基本条件を備えているのです。


5. 執行能力

どんな素晴らしい策略もカギとなるのは如何にして実行していくかです。チームの戦闘力の強さを決める核心的作用を及ぼすことができるかは店長にかかっています。優れた店長はお店の戦う目標を自己目標に修練し、チーム一人一人にとって分かりやすい目標に振り分け、一人一人のスタッフが目標に向かって絶え間無く努力を重ねられるように鼓舞してくれます。チーム一人一人が自覚を持った仕事の中にその執行能力を融合させることができます。


6. 柔軟な思考能力

店長になるためには世界各国の先進的な文化を絶え間無く吸収する柔軟性が必要です。同業または他業界の先進的な経験も取り入れるようにするのも良いでしょう。傲慢で一人歩きするような思考をとってはいけません。三人寄れば文殊の知恵と言いますが、優れた店長は聞き上手であるべきで、決断や命令する前に他の人の意見と見解をまず聞き入れます。異なる意見を持つ人には包容力を持って接する必要があります。


7. 新しい理念を創り出せる

創造するということは企業の肝であり、習慣に固執することは企業のタブーです。従って、創造的発想力も店長として必要不可欠な基本条件の一つでです。仮に会社の規定が現実と符合していないのであれば、ルールに従い続けることは百害あって一利なしです。その名にふさわしい店長であれば、現実と符合しない規定は積極的に修正するでしょう。同時に、規定が崩れる前に、スタッフが合理的にその規定を遵守するように働きかけるでしょう。



8. 強い精神力

店長になるのであれば次の能力が必要です。それは他人が受け入れることのできないプレッシャーや理不尽さに対する耐性、強い精神力、自己では変えることのできない事柄に対して耐える度量、自己が変えられると思ったことを変えていく威力、隠された真実を見つける能力、物事を見分ける知恵と稀有な機会を掴みとる力、自己の過ちを認めて向き合う勇気です。また向上心があり、絶えず自己の素養を改善することができる必要があります。


9. 宣伝能力

店長になるからには十分に各種メディアや宣伝ツールを利用して事業の広報ができなくてはなりません。また、メディアを利用して突発的な対外的危機を回避したり、不必要な誤解を生まないために自己の専門性が多くの未開の人々に認識していただくためのものであることを宣伝したりする必要があります。対外的危機というのは専門的な知識を持っていない人々に事業を理解していただく過程に発生するものでもあります。そのため、現代社会では店長というのはより多くの広報の知識と宣伝テクニックを理解している必要があります。それによってパワフルなチームを牽引し、お店の生産性を最大化することができるのです。




u-Beauty無料体験実施中!ウェブサイトはこちら↓↓


5回の閲覧0件のコメント