検索
  • u-Beauty

【美容室オーナー必見】美容室の顧客獲得スキル:顧客を逃さない2大おもてなしスキル!

おもてなしとは他の人への気遣いの表現です。美容室の運営スキルがお店を支える「骨組み」だとすれば、繊細なおもてなしは骨に付随すべき「肉と血」といえます。お客様へのおもてなしは美容室の運営をより魅力的で素晴らしいものにします。


したがって、おもてなしの心を理解し、接客に生かす事ができれば、顧客満足度向上集客率も上昇します。よって、競争の激しい美容業界においても大きなビジネスチャンスをつかむことができるはずです。ここでは2つの大きなポイントに分けて顧客満足度を上げるおもてなしスキルを紹介していきます。



感性を刺激するおもてなしによる顧客満足度の向上

感性とは、感覚器官を介した客観的なものに対する人間としての物事や外部現象に対する認識です。感覚、知覚、および象徴といった形式があり、おもてなしによって顧客の感性を刺激しサービスに満足してもらう必要があります。美容室の運営において、以下の3点に留意してみて下さい。


1. お客様に快適さと美しさを体験させる

まず、想像してみて下さい。美容室に足を踏み入れた瞬間、目に入るおしゃれな店内とそれを照らす柔らかな照明、耳に入る心地よい音楽、鼻を通るよい香りに満ちたカーリングミスト、笑顔の絶えないスタッフによる親しみやすい誠実な接客などなど…。美容室の快適で優しい空間を五感で体験させることによって、来店してくださったお客様はきっとこの美容室に良い第一印象を持ってくれるはずですよね。


特に店内の音響関係には気をつけましょう。音楽は、店内の雰囲気にあった優しく心地よいものを選び、音量もそうですが、スタッフの足音、声、操作音もお客様の耳に触らないよう心がけましょう。優雅な音響空間を作ることは、来店してくださったお客様にとってよりリラックスできる環境に仕上げることができます。


2. お客様に温かさと敬意を感じさせる

お客様とコミュニケーションも、美容室でくつろいでもらうためには必要不可欠です。また、スタッフのサービスの質を向上にも役立てる事ができ、お客様にとってもサプライズを演出する事ができます。

例えば、お客様一人一人のお名前を正確に覚えたり、誕生日プレゼントを用意する、定期なご挨拶をすることでお客様への関心を示すことが出来ます。

クオリティーの高い商品や技術的サービスを提供するのはもちろん、細やかな気遣いや配慮をすることで、お客様はスタッフから温かさや敬意を感じる事ができるはずです。こういったおもてなしは、お客様に「また来たい」と思わせ、再来店へと繋がっていきます。


3. お客様の声に注意深く耳を傾ける

美容室におけるお客様とのコミュニケーションでは、お客様のご要求やご意見に耳を傾けることは非常に大切です。なぜなら、お客様の好みやパーソナリティを把握するチャンスだからです。したがって、お客様にとの対話は重要な接客スキルの一つでもあり、美容室にとっては効率の良いマーケティング戦略でもあります。

お客様の声に耳を傾けることで、お客様とスタッフが良好な関係を築くことができ、お客様の信頼も獲得し易くなります。これにより、お客様は安心してサービスを享受することが可能になるのです。


したがって、美容室では、スタッフのコミュニケーションスキル向上により多くの時間を設けましょう。スタッフに顧客とのコミュニケーションの重要性を認識してもらい、改善してもらい続けることは長期的に美容室を経営していくキーポイントです。



理性的なおもてなしによる顧客満足度の向上

感性を刺激するおもてなしを大切にする一方、感情に基づいて行動してはならないのは言うまでもありません。衝動的にならず、常に冷静で合理的に物事に対処しましょう。以下の3点を覚えておきましょう。


1. 明確な職場ルールを設ける

美容室運営には必ずきちんとしたルールや決まりが必要です。ルールや決まりがなければ、管理の効率化や運営改善は非常に困難です。できるだけ事細かくルールや決まりを設けましょう。


例えば、スタッフの身だしなみに関しては、やってはいけないメイクや清潔感を保つなどがありますよね。また、店内の整理整頓や清掃に関しても、掃除当番を決めたり、備品の洗浄や消毒等の衛生管理も怠ることのない様に担当を決めましょう。さらに、スタッフの出勤状況や勤務態度についてもルールを設け、メリハリのある職場環境を整えましょう。


2. 魅力的な会員制度

会員制度は美容室の会員の皆様に一般のお客様よりもお得な情報やイベント、会員特典サービスを提供する事ができます。会員様専用プラットホーム等を設け、維持することでリピーターで居続けてもらうことができます。

例えば、メールや葉書による定期的な挨拶、イベント告知や会員限定セールなどを会員の皆様に提供することによって、お客様に「会員 = お得」と思ってもらえるようになります。これにより、会員限定イベント等を行った際、お客様の参加率や消費意欲向上に繋がるのです。


3. カスタマイズされたサービスを提供する

お客様一人一人に対して個々の好みやニーズを把握することによって、そのお客様のためだけのサービスを提供できるようになります。これは美容室にとって、他店とのサービス差別化を図る事ができ、激戦区でも勝ち抜く事ができる強みとなります

方法としては、病院にある患者のカルテと同じように美容室でもお客様一人一人に「お客様ファイル」を作成しておくと良いでしょう。 このとき、「カスタマーカウンセリングファイル」と「カスタマーサブファイル」の2タイプを準備しましょう。


カスタマーカウンセリングファイル ー 主にカスタマーケアの状態、カウンセリング結果や分析結果を記録します。


カスタマーサブファイル ー 顧客の性格特性、家族構成や、職業、個人の好みと禁止事項、消費能力、その人個人に影響を与えた出来事などを含めます。これらの情報はそのお客様に向けたサービスの改善や向上をする目的で使用されます。


お客様の情報を事細かに記録することによって用意周到な接客ができ、お客様に「いちいち説明しなくても自分のことをよく分かっている」と感じさせる事ができます。そうすればお客様は自ずと何度もお店に足を運んでくれるようになってくれるでしょう。




u-Beauty無料体験実施中!ウェブサイトはこちら↓↓


6回の閲覧0件のコメント