検索
  • u-Beauty

【美容系サロンオーナー/経営者必見】思うようにヒットしない − お客様の心理ちゃんと分かってますか?

お客様と向き合う時、美容サロンは厚い心配りでお客様にサービスしなければいけません。お客様の心をつかむのは海の底で針を拾うように難しく、お客様が抱える悩みを理解できる者だけが適確にお客様が抱える悩みを解決できるのです。


異なる年齢層でお客様のニーズは違ってきます。では、どのように年齢層を区分するのでしょうか?一般的に、美容サロンのお客様は基本的に25~45歳の女性がメインで、年齢幅は20歳となります。3歳の年齢差があれば世代間ギャップが生まれてしまいます。ほとんどの女性は年齢ごとにそれぞれ異なる特徴があります。大まかに以下にような年齢層で2つの消費者グループに分けることができます。

  • 25〜30歳のお客様: 情熱型消費者群

  • 31~45歳のお客様: 成熟型消費者


消費者心理の違い

まず、異なる消費者グループでどのような消費心理の違いがあるのか理解することが大事です。


1. 情熱型消費者群

この年齢層(25〜30歳)のお客様は未婚又は結婚したばかりの人が多く、新しい物を追い求める情熱が高いため、消費もやや衝動的です。しかし、25歳以下の年齢の女性とは異なり、消費意欲は受動的です。一定の消費扇動を受けなければ美容商品や美容サロンにはお金をかけようという熱意が発生しにくいです。彼女たちが関心を示す商品またはサービスは本当に心身ともに満足できるか、自分の生活の質が上がるかどうか等が焦点になります。


例えば、彼女が何かお金をかけることによって周りの友人または同僚の注目や羨望を浴びレルかどうかというブランド効果の有無が焦点となります。もう一つ例えるなら、消お金をかけた後、自分のイメージを向上させる事ができるかどうかというのもあります。


情熱型消費者群へ製品を勧める時は次の方法で対応すべきです。

  • 悩みに合わせて対応する

  • 簡潔で核心を得た言い方をする

熱をこめすぎる製品説明では逆にお客様の反感を買うので避けた方がよいです。彼女たちの生活リズムは早めで、年齢という要素も加わり、長い演説のような商品紹介を聞くのを好みません。


2. 成熟型消費者

この年齢層のお客様は経済状況が安定していると方が多く、また消費観念が比較的成熟しています。よくみられる特徴は、消費観念が固定しているため帰る事が難しいことと一旦信頼すると忠実な消費者(リピーター)になりやすいことです。


この年齢層のお客様とコミュニケーションをする時、最も重要なのは彼女たちの独特な消費心理を把握することです。通常彼女たちはお金を払うまで、細かなスタッフの紹介を希望する方が多いです。ブランド背景や会社の歴史から始まり、製品の主な成分と効果、美容ケア手順、単品価格や割引の有無、美容サロンの普段のお客様の量や商売の良し悪しなど事細かに情報を求めてきます。



消費者心理に対応した行動

次に異なる年齢ステージのお客様の消費心理を十分に理解した後、それらに対応するにはどのような行動を取らなければならないのかを知っておきましょう。


1. 良好な関係を築く

お客様一人一人と良好な人間関係を築かないといけません。良好な関係は信頼の証なのでお客様一人一人の性格をより正確に分析すること、さらには契約成立に繋げていくことに役立ちます。美容業界はサービス業にです。そのため美容業界に馴染みのないお客様へ無形のサービスを提供することでより多くのお客様の来店消費を引き寄せるのです。


2. オリジナリティの先駆者となる

人々はみな自分は特別だと認識しています。しかし、実際は同じ業界の多くの美容スタッフ、多くの美容サロンが提供するサービスは非常に似ています。このため、サービスが似れば似るほど、より細部まで重視しなければいけません。自分のオリジナリティを創り出すことによってお客様を引き寄せることができ、お客様の消費意欲を刺激することができるのです。





u-Beauty無料体験実施中!ウェブサイトはこちら↓↓


0回の閲覧0件のコメント