検索
  • u-Beauty

【美容系サロン店長必見】落ちたら最後、優秀なスタッフを失ってしまう4つ落とし穴

スタッフの離職問題で、とりわけ優れた仕事をするスタッフが辞めてしまう時、多くの管理者は自分のことを棚にあげ、離職を原因の他のせいにします。離職しようとするスタッフは理想が高く、お店に対する忠誠心がないなどと客観的な理由ばかりを考え、根本的な原因には目を向けません。実際のところ、スタッフは美容系職を離れるのではなく、店長とお店を離れるのです。


店長としてスタッフが自分たちの仕事に没頭できていないのであれば、優秀なスタッフをお店に引き留めておくことはかないません。このことは明らかに常識であるはずなのに、多くの人はちゃんと理解できていません。優秀なスタッフの絶対に突拍子もなく辞めたりするのではなく、仕事に対する熱意を徐々に削られてしまい最終的に辞職してまうのです。


このような現象を研究している海外の専門家は、この現象を「電力減衰」現象と呼んでいます。優秀なスタッフを瀕死の恒星に例えており、仕事に対する情熱が徐々に減少して最後にはなくなってしまいます。


ここで注意していただきたいのは、「電力減衰」は燃え尽きるということではありませんありません。なぜなら、彼らは深刻で危険な状態に陥っているわけではないからです。なので、仕事はきちんとこなしますし、チームワークも大事にし高い効率で任務を完成させるためワークパフォーマンスは非常に非常に高いです。しかし、同時に日々非常に強いプレッシャーを受けているのも事実です。そして、それが極限に達してしまうとどんな人でも最終的には仕事を辞めたくなってしまいますよね。


「電力減衰」現象を防ぎ、トップ人材を引き留めておくために、管理者は自分のどういった態度ややり方がスタッフをそのような状態に追い込んでしまったかを深く反省しなければなりません。特に、次に紹介する4つはスタッフを失うリスクを最大限に上げてしまう厳禁行為です。もし一つでも当てはまってしまうようなら、いますぐ止める努力をしましょう。


1. 貢献に対する褒賞がない

管理者は「褒め」効果を低く考え地です。特に優秀なスタッフや貢献度が高いスタッフを褒めることを無意味だと思いがちです。しかし、人はもな認めてもらいたい生き物なのです。

一生懸命働いているスタッフに対して、その頑張りを必ず褒めてあげましょう。


これによって上司として彼の存在意義を認めることになるので、スタッフのモチベーション維持や向上を図れます。上司としてスタッフときちんとした意思疎通を行い、彼らがそれぞれにあった褒め方をすることが重要です。


2. スタッフに対して無関心

辞職をするスタッフの過半数は上司との関係が良くないことが原因です。頭のいい企業はその管理階級や上司がどうすれば部下といい関係を築けるかしっかりと理解しています。例えば、スタッフの成功を誇りに思い、彼らの悩みを理解し、その上で、スタッフのレベルに応じ様々な挑戦をさせ、成長を促し自信をつけさせます。仕事を押し付けるだけ押し付けて、業績ばかり講じる上司にスタッフは誰もついていきはしません。


3. 趣味を楽しむ隙を与えない

優秀なスタッフは何事に対しても熱意に溢れています。彼らに趣味を楽しめる機会を与えましょう。仕事ばかりに追われている状態より、彼らの仕事効率と満足度が高まります。人は好きなことをしていると大脳がずっと興奮状態にあるとわかっていて、この時の仕事効率は通常の効率の5倍になるということが研究で明らかにされています。なので、スタッフに伸び伸びした空間を与えるように努めましょう。


4. 仕事が面白くない

スタッフが仕事に対してとてもつまらないと感じているのならばそれは店長の問題です。面白くない、興味がないと思ったことを人は好んで進んでやったりしません。これが「電力減衰」現象を招いてしまう主な原因になります。スタッフを適度にリラックスさせることはとても重要で、仕事に来るのが苦ではない、逆に楽しいと思ってもらえることで、スタッフのパフォーマンスが向上するだけでなく、同じ職場にい続けたいと思えるようになります。店長としても、優秀なスタッフが長く働いてくれた方が事業も長く続きますよね。


まとめ

面接時は会社(採用者)側がスタッフを選んでいますが、入社後はスタッフ(被採用者)が会社を選び始めます。優秀なスタッフは、長く付き合えるパートナー(=企業)と仕事環境を選択したいと強く考えています。なので、美容サロンの環境と店長の管理方法も仕事条件として彼らが考慮する重要要素になっています。キャリアアップの要望が満たされなければより良いパートナー(=企業)へと移っていくのは当たり前です。スタッフのケアは企業が長続きできる秘訣の一つなのです。





u-Beauty無料体験実施中!ウェブサイトはこちら↓↓


2回の閲覧0件のコメント