検索
  • u-Beauty

【美容室チェーン店店長必見】チェーン店店長が店舗売上に貢献する方法

最終更新: 1月13日

美容室チェーン店の各店舗の人気度、集客力、収益は店長の経営手腕にかかっていると言えます。

優秀な店長が1人いれば店舗が活気づき、優秀な店長が3人集まれば一都市における美容室のブランド力を推進することができます。

お店のブランド力が高いというのは、各チェーン店舗に優秀な店長がいるからであると言っても過言ではありません。つまり、各店舗の発展は、その店舗の店長の能力に依存しているのです。


では、どうすればチェーン店の店長として店舗運営を成功させる事ができるのでしょう?



店長の役割を知る

競争力のある美容室チェーンの店長になるには、まず、自分の役割と立場を認識し、自分が何をすべきかをはっきり分かっていなければなりません。すなわち、仕事の方向性を理解し、同時にリーダーとしてチームを率いていかなければなりません。このことをはっきり認識できなければ、いくら努力をしても望み通りの成果を上げるのは難しいでしょう。

まず、チェーン店の店長には従業員と社長との間をつなぐという役割があります。

社長を母親、従業員を妻、店長を夫というように家族として例えてみましょう。一般的に夫は自分の妻と母親の関係を調整するという役割がありますよね。これと同じように、店長は社長と従業員の両方に対して責任を負い、両者の関係の維持、調整役とならなければなりません。

それから、店長は上司である社長を支え、時には必要な提案を社長に提出したりと社長のために業務を遂行する者としての役割を果たさなければなりません。

店長は一部下として、社長の戦略方針に沿って業務を行い、社長が下したさまざまな決定に従う必要があります。もちろん、良いアイデアや提案があれば適宜社長に伝え、中心となって店舗の発展に貢献する必要があります。

また、店長は従業員にとっての上司であるため、マネージャー、チームリーダー、コーチ、役割モデル、監督者などの多岐にわたる役割も果たさなければなりません。

店長は一上司として、会社の掲げた目標を達成できるよう従業員の業務内容と業務態度を指導や監督、さらには作業効率を向上させるよう努めなければなりません。つまるところ、店長はさまざまな役割を果たしつつ、チーム全体の成長を促しチーム力を強化していくキーパーソンであると言えます。



綿密な店舗管理

美容室の店舗管理はとても気を使う複雑な仕事です。家族を例にとると、一家の大黒柱が家庭内の様々な問題に注意を払わなければならないように、店長は細かいところにまで気を配って店舗を管理しなければなりません。そのため、店長は勤勉さ、繊細さ、そして辛抱強さが非常に強く求められます。

基本的な店舗管理は主に、店舗、顧客、従業員システムの3つが密に関係しています。

<店舗>

これには美容室で使われる衛生設備、照明、棚、日よけキャビネットなどの施設管理が含まれます。さらに、商品の配置、店舗の衛生設備や器具の清掃、店内の音楽、照明、空調などの機器の点検、各消耗品の在庫管理、ショップウィンドウのデザインやPOPポスターの準備作業が整っているかも随時確認しましょう。

スタッフとともに細部にまで注意を払ってチェックしましょう。すべての準備がきちんとできて初めてお客様をお店に迎え入れることが出来るのです。

<顧客>

営業中、店長は適宜店内の状況を全体的に観察する必要があります。特に売上が良好でお客様が多いときはスタッフのサービスの質が落ちないように注意しなければなりません。

現場において、特に重要なのは定期的な店内の見回りとお客様へのお声がけです。お店では常に笑顔を絶やさずお客様に対応しましょう。真心こめてお客様にサービスを提供し、心から満足して帰っていかれるよう努めることが大切です。

<管理>

人事的な管理においてはスタッフの出欠、規律、態度、心持ち、健康状態、および営業業務の管理を指します。また、システム管理では、作業プロセス、業績評価、規則および規制、上層部へのレポートなど幅広いお店の運営に関わるシステムの管理を指します。

店舗の管理は複雑で面倒に思えるかもしれませんが、実際はプロセスを管理すれば良いだけです。つまり、始めにルールや手順を決めてしまえば、スタッフがそれにそって仕事が出来るように必要に応じて教えたりサポートをしてあげればいいのです。



チームづくり

仕事のできるチームは店長にとって大変貴重なものです。美容室での業務は営業を含めほぼ全てがチームの努力と分担作業によって達成されます。良いチームを持つことは店長の貴重な資本であり強固な後ろ盾です。

優秀な店長には優秀なチームが必ず存在してます。そのため、店長は人選、人材育成、仕事の割当を細かく行う必要があります。また、チーム内のいざこざに上手く対処しなければならないし、時にはチームをきちんと労わなければなりません。仕事が上手くいかないスタッフがいれば建設的なアドバイスを与え、丁寧に教えましょう。

優秀なチームは集められて来るものではなく、優秀なリーダーによって作られるものです。各スタッフの長所と短所に基づいた教え方であれば、効率的に優秀なチームを作り上げることができるでしょう。

店長が良いリーダーたり得るためには、キーポイントとなる実践すべき原則がいくつかあるので覚えておくといいでしょう。


  • 他の人に指示するには、その人を訓練しなければならない。

  • 他の人を管理するには、その人を尊重しなければならない。

  • 他の人を指導するには、その人を褒めなければならない

  • 他の人をまとめるには、その人を守らなければならない。



コミュニケーションの効率化

管理の本質はコミュニケーションにあります。優れた店長は、その店舗の核心、すなわち総合コーディネーターです。上司だけでなく、従業員ともコミュニケーションを取りますし、社内の他部署や顧客ともコミュニケーションを取ります。さらに、本社だけではなく関係各所ともコミュニケーションをとる必要があります。コミュニケーションはあらゆるものを繋ぐ架け橋です。

上記のいずれかの関係におけるコミュニケーションに問題が生じれば、それぞれの仕事の相互リンクが困難になり、業務が停滞する可能性があります。問題が一つでも生じれば、ドミノ倒しように次々に問題が起き、意図しないような場所にまで影響を及ぼすかもしれません。

それぞれの対象に対するコミュニケーション方法はそれぞれ異なるので、どのコミュニケーション方法が誰にとって相応しい方法なのかは、それぞれの位置関係、状態、矛盾点などを注意深く分析する必要があります。



業績管理

店舗評価において最も重視されるのは店舗業績です。業績が理想的でない場合、店長が他の面でどれほど優れていても、良い店長とは言えません。従って優れた業績を生み出すことこそが店長のとっての究極の目標であると言えます。

店舗の業績は何によって決まると思いますか?実は以下のような公式が1つの指標となっています。


業績 = 顧客フロー × トランザクションレート × 顧客単価


従って店長が業績UPをしたい場合は、顧客フロー、トランザクションレート、顧客単価の改善に一生懸命取り組む必要があります。

<顧客フロー>

この変数を高めるには店舗自体を活性化させなければなりません。すなわち、スタッフ管理、顧客の動向調査、お得意様をつくることを通じて来店する顧客の絶対数を増やします。集客が成功し、顧客の来店数が多い場合にのみ、業績向上の計算の土台が成り立ちます。この分野の専門的な店舗管理の知識は以下を検索:壹叁壹肆终端管家

<トランザクションレート>

この変数には人材育成、コミュニケーション、およびプロモーション活動に力を入れ、集客力を上げ、リソースの浪費を減すことで向上させることができます。

<顧客単価>

お客様が一人当たりの消費金額のことであり、出来るだけ最大化に勤めましょう。例えば、顧客に利用オプションを組み合わせて提案してあげる、会員限定活動を行う、または販売技術を駆使するなどして各取引の単価を増やします。


これら3つの分野を改善できなければ、業績の向上は見込めません。



ミーティングシステムの確立

よく管理された優れた業績のある企業や店舗は、きちんとしたミーティングシステムが確立されいます。ミーティングを通して、良好なコミュニケーションを保つ事で良好な関係を築く事ができ、業務効率を上げることができます。

一方、ミーティングシステムが確立されていない店舗では、情報を伝える時、口頭だけのことが多いです。このようなチームには規律もほぼなく、結束力が欠けている状態であると言えます。

少人数形態の組織では、「十数人しかいない小規模のお店なのでいつでも簡単にコミュニケーションが取れる」「わざわざミーティングシステムを確立させるなんてただの無駄な形式主義の表れだ」と言われがちです。

是非よく考えてみて下さい。極端な例ですが、スズメを思い浮かべで下さい。体は小さくても生きるための五臓六腑は全て備わっていますよね。つまりどんな状況でも無くてはならないものは絶対省略できないということです。朝ミーティング、定例会議(毎週、毎月、四半期、年次等)やその他の臨時会議などがそれに当たります。

あらゆる種類のミーティングには、一連の手順ときちんとしたシステムが必要です。ミーティングは厳粛なものであり、適当にすることはできません。さもなくば、ミーティング本来の意味が失われることになります。



顧客管理

顧客こそ業績の源です。サービスクオリティにますます注目が高まっています。その様な中どこの美容室店舗でも以下のような課題に付き纏われているはずです。


・それぞれの店舗で常に最高の顧客満足度を達成するには?

・より多くの方に当店を選択していただけるには?

・お客様自身が当店を宣伝していただけるには?


これらこそが、業務改善のポイントであり、それを追求することこそが顧客管理の意味するところです。

顧客管理については、サービスの提供と同様に、業務開始前、業務遂行中、業務終了後に分けて考えることが出来ます。

<業務開始前>

十分な宣伝活動を行い、お客様が来店する前に、美容室で販売している製品やサービスの内容を理解していただけるよう努めます。また、顧客情報を管理する顧客ファイルのようなものも事前に作成しておくと良いでしょう。

<業務遂行中>

定められたサービスの基準を満たせるよう、常にお客様により良いサービスを提供できるよう心がけましょう。個々のお客様に対してそれぞれの好みに合わせた接客やおもてなしを目指すことでリピート率に向上も狙うことができます。

<業務終了後>

お客様にまた来店してもらえるようにしっかりしたアフターケアを忘れず行いましょう。



目標管理

店舗管理は体系的な管理です。最終目標は顧客の満足度と業績の向上です。そのためには、充分な計画を練り、揺るぎない態度で実行する必要があります。

また、計画通りに事が運んでいるか途中経過を確認することも大切です。適宜フォローアップとチェックを行い、何か問題や不備を発見したら速やかに対応しましょう。次のステップに行く前に、必ず問題を解決しておきましょう。でなければ、どんどん問題が溜まっていき、結局失敗してしいます。目標の設定と管理には遡及的(物事を遡る)アプローチが重要です。そして高い実行力によって目標は達成されるのです。



自己改善

店長は美容室のリーダーで責任者です。店長の態度や行動の一つはスタッフ全員に影響を与えてしまうということを心に留めておきましょう。したがって、店長はさまざまな分野で自分自身を磨き(セルフインプルーブメント)、スタッフに良い模範を示す存在でなければなりません。

セルフインプルーブメントには2つの重要な点があります。1つ目は、独自の管理スタイルを確立すること、もう1つは以下の5つのタブーを回避することです。

  • 他の人の自信と自尊心を維持すること

  • 建設的な人間関係を保つこと

  • 他の人がイニシアチブを発揮できるよう意欲を刺激すること

  • 人ではなく、あくまでも問題を対処すること

  • 他の人に模範を示すこと


以上の5つのポイントから自分を見つめ直し、自己改善に努め、店長としてのリーダーシップを発揮していきましょう。




u-Beauty無料体験実施中!ウェブサイトはこちら↓↓


17回の閲覧0件のコメント